空と陸でマイルを貯めて旅に出よう

念願のSFC取得!時間とお金の許す限り旅にでよう
(夫のSFC修行・・・・)からタイトル変更しました

アンコールワット旅行記⑤ ランチ~アンコールワット

始めてのカンボジアのランチだ
現地一日ツアーに付いているものなのであまり期待は出来ない


なかなかおしゃれな感じ

地元のアンコールビール こじゃれたレストランやホテルでは3ドル
町中のレストランでは0.5ドルで飲める
バドワイザー位のあっさり(?)飲みやすい味
※私はお酒は飲めません(シャンパン除く)

いかのサラダ
いかは柔らかく変な癖のないサラダ、恐れていた香草は入ってない

少し酸味のあるあっさりとしたスープ

カンボジア名物?ジャスミンライス(香り米)
ほのかにジャスミンの香りがする
好き、嫌いがわかれるかなぁ・・・・


全体的に優しいお味でした
これらがクメール料理でしょう、ちょっと中華の要素もある感じがした


このあと、ホテルに戻って休憩するか
希望があればマッサージの手配をするか尋ねられた


明日、宿泊しているホテルでマッサージの予約をしてるいるが
疲れたので、今日もマッサージする事に
60分20ドル(ホテルも同じ)
この料金は高いほうで
マッサージ着に着替えて、個々のベットで丹念にマッサージ
終わった後飲み物やフルーツが振る舞われる


町中で気軽に受けるマッサージは30分1ドルで出来る
あらゆるところに看板が出ている
ただ衛生面とかかなり不安が・・・・・


マッサージは下半身が主なので、足がかなり楽になり
午後の観光再開!


アンコールワットに戻ってきた
お堀を渡る道に柵がないのだが落ちる人はいないのだろうか?
ガイドさんに聞いてみると
日の出を見に来る人が暗いのでたまに落ちるらしい
でも浅いので足が付くから大丈夫との事(^^;

逆さアンコールワット

第三回廊に上がる階段
人数制限しているので、並んで順番を待つ
私たちは30分待ったが、混んでる時は2~3時間待ちだとか
かなり急な階段なので怖い


下って第一回廊の壁画
元々漆と金箔がはってあったそうだ、その名残が薄いピンクで残っている


沢山壁画が残されその中には、戦争の記録、普段の暮らし、神々、阿修羅、天国、地獄
水の妖精アプサラなどなど沢山の絵があらゆるところに施されている
全部じっくり見ていたら、いくら時間があっても足りないだろう


本当に写真の量が多くてセレクトに挫折(^^;


このあとは、夕日の鑑賞からディナーとつづく・・・・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。