空と陸でマイルを貯めて旅に出よう

念願のSFC取得!時間とお金の許す限り旅にでよう
(夫のSFC修行・・・・)からタイトル変更しました

アンコールワット旅行記① 成田空港~プノンペン空港~シェムリアップ空港

12/8~12/13までのANAプノンペン経由シェムリアップ
アンコールワットに行ってきた


今日から自分の備忘録として少しずつ書き留めて行こうと思う


12月8日 朝8時ごろ成田空港到着
(初年度無料の)アメックスカードの無料空港宅配サービスを使って送ったスーツケースをまずとりに行き
カウンターでチェックイン、保安検査場を通り、出国をし、ラウンジで朝食をとり
10:50発のプノンペン行きに10:25頃から搭乗開始


私は洋食をチョイス メインのチキンは美味しかった、パンはあまり美味しくなかったので一口食べて残した

夫が選んだのは和食、ご飯が堅かったらしい

到着2時間前くらいに注文した、舞茸うどんハーフサイズで美味しかった

チキンサンド 普通


プノンペン空港にはほぼ定時に到着 時差が2時間あるので時計を時間戻した
入国の際にビザが必要、我が家は事前に夫がWeb上で取得してくれたのでパスポートと一緒に出すだけ
プノンペン空港に到着してからもビザはとれる、入国手続きの手前に申請カウンターらしきものがあった


預けた荷物をピックアップして税関(申告書渡すだけ)通り過ぎたら外だ
👇 


外に出て右手奥にSIMカードを売ってるお店が5軒並んでいる
夫が下調べした会社が右手の緑の窓口
SIMカード1か月4Gで5ドル 通話をつけて+2ドル
我が家は6月にSIMフリー携帯に替えたので、今回はフリーwifiではなく現地のSIM
カードにした
事前に自分のSIMカードを抜き設定で言語を英語にしておけば
窓口の人が全部設定をして渡してくれる


結論としては電話は使わずに済んだが、何かトラブルがあれば使いたいのであったほうが便利かも
アンコールワット近辺は3Gだったり携帯の電波が入らない所もあるが
そうでないところでは比較的サクサクと使えた

トランジットの時間が4時間あった
乗り換えるアンコール航空の国内便のチェックインが1時間半前からなので
バーガーキングで時間を潰した

アンコール航空カウンターで受付け
預ける荷物の重量が20Kgまでなので注意!

搭乗口待合には、ブティックと奥にファストフードのお店がある

プノンペン⇒シェムリアップの飛行時間は40分
座席はエコノミーのみ 3-3の配列 モニターなし リクライニングなし(倒す暇もなし) 機内で350mlのお水を配ってくれます
モニターがないので、非常用設備案内もCAさんが実際にデモします
久しぶりに見たなぁ~


シェムリアップ空港に到着
タラップで降りたら各々徒歩で空港の建物に向かう


空港の建物は平屋

シェムリアップ空港のバゲージクレームエリア
アンコールワットのミニチュアも展示してあった


外ではホテルスタッフとドライバーが待っててくれた
素晴らしい笑顔で出迎え、よく冷えたおしぼりと、ビールor水をサービスして
首には、クロマー(スカーフのようなもの)をかけてくれた
最初からサービスがすごいのだが、機内もエアコンが効きすぎて寒かったので
冷え冷えのサービスがちょっと・・・・・(笑)


空港からアンコールワットの玄関口シェムリアップの町まで20分位だ




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。